シカーラ艇のマストが倒れ、曳航して帰港

入会希望者の試乗を兼ねセーリング。シーホースに入会希望者他2名、シカーラ2名にて9時30分頃出艇。
2艇は並走して江ノ島近くまで行き帰りは裕次郎灯台経由で葉山港新港に戻る予定でした。
途中、裕次郎灯台近くでシカーラの左側サイドステーが外れその影響でメインマストも倒れ水面に沈、航行不能になった。かなり焦ったです。!!
並走していたシーホースが気づき即救助開始。葉山新港事務所にレスキュー依頼もあったが、シーホース艇長の判断でシーホースで曳行するに決定。!
曳行にあたり、抵抗を少なくするためメインセールのバテンを外し、メインセール、ビブセール、マスト、ブームを船内に上げた。(添付画像を見て下さい)
曳行されているあいだは船のバランスを保ち、舵はシーホースの後ろになるように操舵。
葉山新港近くまできたら、学生さんのボートに引いてもらい無事葉山新港スロープに着しました。
曳航時間は約40分間 学生さんに感謝です。
陸上げ後シカーラ確認。サイドステーの取り付けピンが外れたのが原因か?ピン取り付け金具が広がる抜けたようだ。
翌日、修理およびマスト上げ完了。(下記、平野さんメール)
入会希望者の方もなかなかできない経験と思います。因みに、即日入会して下さいました。良かったです。
佐藤@六浦
 
平野のコメント

佐藤さん:詳細報告有難う。

シカーラ艇の場合マストホールを通じてマストが立っているのではないので、風上サイドステイの取り付けリングが外れピンが外れれば、風下側サイド、艇の長手方向に倒れますね。風も弱かった?のでセールもあおられられなかった?とか条件もよかったと思いますが乗員の怪我無くて幸いでした。

風が強い場合はバランス崩し、艇自身の沈もあるでしょう。

又 艇スピードの違う2艇でしたが、ZSCの約束事、2艇は視認範囲+相手を気ずかい帆走せよの約束事守り、即救助体制のついたシホース見事です。

又ハーバー事務所にすぐ救助艇派遣依頼せず、両艇で協力して帰港できたこと良い経験と共にお見事です。 艇長はまず状況判断し、BESTの選択をしてください。今回はBESTでしょう。

今回の経験をもとに気が付くこと記載します

1;シカーラ1艇でこのような事態に遭遇の場合は即救助を事務所に要請せよ(艇長は携帯を必ず持参せよ。事務所とヨットサービスのTELを記憶させよ)

理由:シカーラでは洋上ではマストを立て直すことほぼ困難です。

2:シーホースの場合

マストはマストホールがある故倒れない、しかしサイドステイの張ってない側を風上で帆走すれば、風によってはマストが破損するので、絶対X。

スペアリングとピンが船首内に保管してある故、破損側を風下の回し、取り付ける。

スペアがない場合はシャックルピンなど利用する。

3;原因はリングが広がっがて抜けることが一番のの原因ですので危ないと思えば交換しましょう。そしてビニールテープで巻いておけばより安全です。

4:次回より乗艇の際、一度、どの箇所であったか、確認しておいて下さい。又スペア部品の在所も確認してください(シカーラも用意しました)

この夏は、シーホースの沈起こし経験よりの教訓、今回のマスト転倒等良い経験しています。

もう一つ皆さんのい経験しておいてもらいたいのは海上でのラダーの離脱と装着です。まずは風速2-3M程度時一度経験しておいてください。

もちろん沈起こしと乗艇も9月後半海水が温暖な時、前向きに体験し、対処方法をマスターしてくだい。

以上

1〜7月の活動報告

1。1〜3月の活動

講習会や懇親会また帆走大好き者による帆走の実施をした。またシーホースの船体整備をした。

集合日数 6回、参加者60名。 乗艇活動 8回、28名

2。クルーザーによる大島行きは一日試乗体験を行なったが、天候や会員日程調整等の問題があり、中止とした。

3。4〜6月の山路邸よりのディンギー部会の練習は天候不順で7日間の実施となる。延参加者は69名。

4。4〜6月の葉山部会は44日の実施で延参加者は185名。

5。1〜7月の活動合計回数

整備+講習+懇親会等 6日 参加者 83名

乗艇活動      53日 参加者 254名      利用艇数 103艇

 

葉山ヨットクラブの夏祭りに参加

台風一過、09:30集合で シーホースに乗艇(3名)

12:30よりBBQ、サンバ祭り ZSCより15名参加。食材若干不足気味でしたが、ZSCは早めの参入で

90%満足。以後サンバダンス、即ここへも躍り出て参入。ノリノリのZSCメンバーでした。

子供の日、13名参加

5日は12名のメンバーと1名の試乗者が参加しました。
予報では10時ごろより風が上がるとのことでしたが、上がり始めたのは12:00 となりました。
集合も08;45分に繰り上げたことにより、09:15分位は4艇(ウイジョン、シーマチン 2 シホッパー1)が帆走開始。
4艇に9名乗艇、3名が陸で待機中、乗艇中の動き、海岸よりの発着時の注意事項、サンプルを目の前にして、実戦的 練習をしました。
この交代制は2-2.5時間継続乗艇でないので、体力的 、思考ができる事などで好評でした
参加者も3-4M程度の順風の中での帆走には満足の感想でした
小型艇の初乗艇にとってrは、艇の傾き、スピード感が少し怖く、緊張もあったようですが、舵も握り、沈もさせず、でも興奮の中での帆走でした。

艇の破損:ウイジョンのメインシーとスイブルブロック取り付け部より引き抜き破損した→自分たちで修理tryする。

K氏 左目上をブームで打撃受、傷負う:タックの際救命胴衣がブームにかかり、自身がバランス崩し落水する、上がってくる際、ブームで打撃を受けて負傷した
対処:保険の適用も可能です。このような場合自身で保険申請すれば、65歳前の人(掛け金2,150円)は通院費用1日当たり1500円、入院費用は4,000円が出ます。

2艇で乗り換えて帆走

久々の好天。海況。昨晩までは3名1艇の予定であったが、あまりにも良い条件故、7名の方に朝声掛け。

3名が集まり2艇の共同帆走でした。途中海上で全員の乗り換え、走りの異なる2艇を体験しました

風速:4-5M 波高:50CM

新人の感想文

新加入したsです。
4月4日は安藤さん 太田さんのご指導で初めて葉山から乗らせていただきました。
港を出る時はあまり風がなかったが沖に出とそこそこの風が吹き気持ちが良かったです。
最初はタック練習ジフセ-ルの切り替えがスムーズに行かなくて裏風が入り止まってしまうことが多々ありました。太田さんから一発で切り替えすることを何度言われました。風の読みかた、クルーの役割、ジャイブの練習、ティラーの操作、出艇帰艇の方法など多岐に渡り教えてもらいました。海は気持ちがいいですね。安藤さん 太田さんありがとうございたした。また、参加して練習させて下さい。
s

 

先輩の太田さんの報告

9時集合でしかも前日の半艤装の状態であったため9時半には出航することが出来ました。

風は当初1~2Mの微風でしたが葉山沖は2~3Mと初めてのsさんにはうってつけの風でした。葉山港沖で適当なマークを見つけタック、ジャイブ等の練習をして名島から稲村ケ崎方面を スピンを上げたりのゆったりクルージングを楽しみ、帰りはs氏が赤灯台を目指しティラを握り2,3回タックの練習をしました。昔ウインドウ・サーフィンの経験で風の掴み等の飲み込みも早く、戻るころには3~4Mのセーリングで気持ちよく12時頃には無事帰港することが出来ました。

またよろしくお願いいたします。

太田

ヨット整備とランチ会

春の暖かい日にメンバー約20名が集まり、各艇の艤装を行いました。足りない部品などの点検を行いこれから本格化するヨットシーズンに備えました。

その後は、ランチ会で美味しいひじきサラダ、サザエご飯、具だくさん豚汁、フルーツポンチをいただきました。ひじきやサザエは採りたてで海の近くに住む贅沢を味わいました。すべてとても美味しくいただきました。

今後のヨット活動が楽しみになるイベントでした!

イルカに遭遇

3月18日09:30 ハーバー発  シーホース (平野。石川。遠藤)シホッパー(富岡) 風1-2M程度
20分毎役割交代、南の風よ早く吹き出せ 4-5M。名島沖に来る、ジブ役の遠藤、石川がイルカだ、ジャンプしていると叫ぶ。
近くには学生用のブイが打っているが、私ども2艇のみ、微風に合わせリーチで帆走、突然 シーホースバウより20度左、距離3Mで
イルカがジャンプ、海中に魚を追う、大きい,3M程度1頭のみ、、群れておらず、魚を追って群れから離れたのであろう。

今年の相模湾は昨年に引き続き、豊漁の予感、6-7月が待ちどうしいですなー。
小生 濃度の差はあれ、相模湾との付き合い約55年になるが、この海域でイルカを見たのは初めてです。
サメは夏場になるととそれほど大きくないのが、ひれを海面に出しているのと時に遭遇します。
初島沖迄行きますと、イルカは多数おり、漁師の漁を邪魔しております。 今年は我々の帆走海域でイルカが時々出るかもしれませんねー。

今日は HMYC(葉山マリーナヨットクラブ)の月例レース日、15艇程度ENTRY、風も少し出てきたのでこれからスタートです。
邪魔しない海域に位置し、スタート状況見学。ZSC会員の竹内嬢乗艇のO&Sの参加の是非を尋ねたら、本日,NO ENTRYでした。
沖で応援できず、残念。
帰路 風2-3M程度、スピンを上げて、シーホッパーより撮影しました。
小生途中よりシホッパーに乗り換え、スピン操作と バランス等見学、後半になると、ポール位置調整等して スピン帆走もバッチリでした。
877のスピンの色合いも かわいいですね。 メンバーの皆さん、待ってるよ。遊びに来てください←イルカより

冬季活動報告

冬季期間中(12月-2月) 下記の活動実施しました。

◇艇整備について

1:シーホース   約3年毎  大規模整備実施

概略項目:艇体全体の旧ニス剥し新ニス塗装。傷んだ甲板、備品、シート類等の補強

交換を行いました、ニスは下地シーラ塗り含め 4層塗り実施

実施要領:12月初旬ー26日 22日間 延べ84名(平均1日3.5時間)

費用:8万円 (外注に出した場合:60万円程度です)

参加協力頂きました皆様、有難うございました。

2:シカーラ簡単整備(内部塗装、シート類交換、オ―ニング設置等)

3:D部会艇 (主にウイジョン、A級2艇)整備

在籍9艇 部品・備品の点検確認後、新物置に各艇毎に分離保管しました。

◇陸上講習会について

日時:2月17日  場所:新宿会館   参加人数:16名

内容:ヤマハ YMFS 動画ビディオを利用して実施

大変平易に説明されており、有用な勉強会でありました。

会員の皆さん、自宅で数回、復習鑑賞してください。

◇海上乗艇活動について

シーホースを利用、小春日和日を選択し、3日間延べ8名でそれぞれ楽しいセーリングをしました。

◇3-4月活動予定

D部会艇利用  3月31日(土) D部会艇 海上活動開始前点検

D部会連絡事項:通常第一日曜日及び第2・第3土曜日がD部会活動日ですが、4月1日(日)は気温と海況次第では、第4日曜日に変更します。

葉山部会艇利用:平日週2日、週末:1-2日 会員のリクエストにより随時活動します。

◇その他: 4月より11艇中 5艇新セールを使用開始します。お楽しみに♪

 

1月20日(土)整備活動+懇親会

9:30〜13:30  13名参加

実施項目:

1:セールの調整方法

トッパ2を利用した クローズ時の セールを活かすための 各部分調整 (講師:橋本氏)

      基本:現在のセール形状はマストをレーキさせた形で走る時良いカーブが出る設計になっている
      点検:マストを真横に倒し、セールの重みで形状が点検できる
      ① 順序  メインシートを一杯引く(ブームと船体縦距離20CM目安)
            バングを引く
            アウトホール調整(セールフット中央部とブーム間隔が 7CM)
            海面フラットの場合は Rを薄めにとり、上りを主体にせよ ①の方法
              セール のパワー得る為に
            海面が波、うねり等ある場合は  Rを深く取 パワ―を得て、スピードで走れ
            ①を緩めてRを深くする
      ②その他注意事項
          追手(クオータ、ランニング)時 セールのだしは9割程度、センター少し下げ
           ローリング防ぐ
          風UPしたら、若干ひき気味、ローリングを防ぎ、バランスを保ち易くする。
 
    2:新セール点検
         新セールと旧セールをサイズ点検。へたりにより やはりかなりの違いあり。
    3:船外機調整
    4:キャリアー 組み立て
    5 懇親会
       ミネストローネ 調理(シェフ:T氏  補助員;H氏)参加人数:12名
       12品目の具材を調理、約50分程度煮込みました。
       何ともうまいミネストローネでした
       その他:鶏もも肉ステーキ(こんがり焼き跡付き)シイタケのソテー、オイスター、        バルサンミコス❔風味
       差し入れ有難うございました・ K氏より焼きたてパン、T氏;ワイン 山路家:金粉日本酒。餅
       皆様より多大の料金いただきました  次回繰越金:3.500円です
    6:意見交換
       各艇毎の走らせ方マニュアルを新物置建設後 艇毎に入れて、出艇前、帰着後 読み直そう
       艇長希望者待ってます:
          安全セーリング + 同乗者への指導+ トラブル起きた場合の処理できる事
          先ず風速5M程度までで慣れてください
       レスキュウ 体制:
          取りあえず自己回復と責任(グループ内救助も含む)
          +葉山ハーバーレスキュウと民間の葉山ヨットサービスの救助体制を利用する