9月3日、4日 A級東日本大会参加

【特別練習】8月10日、24日

A級東日本大会参加に向けて、8月10日および24日に特別A級練習を行いました。練習内容は、マーク2点打ち、スタート。上回航。下回航。

参加者はA級乗艇2回目のKさん、全日本経験者のMさん数十年前A級経験のAさんとA級大好きなHさん。4名で2艇を使用しました。

【大会参加】9月3日、4日

A級東日本大会参加(1艇、3名で交代乗艇)
参加艇数:木造19 FRP10艇 計29艇が同時スタート
但し成績は木造,FRPhs別途とする。我々は木造艇。
成績:         19艇中 9位 (A36)

寸評:         第1レースでは、風速平均8mで、12mになると沈艇する艇も多く見られました。A36スキッパ―ミスでスタートに遅れ、ハリヤード途中でダウン、シートのトラブルにも負けず、完走しました。この完走で総合順位9位を確保できました。因みに優勝はチーム熱海(関東学院OB)2位(日大)でした。

【観覧艇】

午前中に3名がレースを観戦しました。午後に2名交代して、延べ5名が観覧しました。レース艇のすぐ横を併走したので、レース気分を味わうことができました!

image image image image image

9月3日、4日 A級東日本大会参加」への1件のフィードバック

  1. 観覧艇も 観覧のみならず、沈艇より漂流した、ラダー
    等拾い集め、救助艇に届けたり大忙しでした。
    A級の沈起こしが大変労力がいる事実感しました。
    沈救助には体力ある若者含め、関係者が協力して行うことが
    必要であること、よくわかりました。
    日頃より、沈起こしの対策を練習しておく必要性も実感でした。

楽天爺さんより へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です