イルカに遭遇

3月18日09:30 ハーバー発  シーホース (平野。石川。遠藤)シホッパー(富岡) 風1-2M程度
20分毎役割交代、南の風よ早く吹き出せ 4-5M。名島沖に来る、ジブ役の遠藤、石川がイルカだ、ジャンプしていると叫ぶ。
近くには学生用のブイが打っているが、私ども2艇のみ、微風に合わせリーチで帆走、突然 シーホースバウより20度左、距離3Mで
イルカがジャンプ、海中に魚を追う、大きい,3M程度1頭のみ、、群れておらず、魚を追って群れから離れたのであろう。

今年の相模湾は昨年に引き続き、豊漁の予感、6-7月が待ちどうしいですなー。
小生 濃度の差はあれ、相模湾との付き合い約55年になるが、この海域でイルカを見たのは初めてです。
サメは夏場になるととそれほど大きくないのが、ひれを海面に出しているのと時に遭遇します。
初島沖迄行きますと、イルカは多数おり、漁師の漁を邪魔しております。 今年は我々の帆走海域でイルカが時々出るかもしれませんねー。

今日は HMYC(葉山マリーナヨットクラブ)の月例レース日、15艇程度ENTRY、風も少し出てきたのでこれからスタートです。
邪魔しない海域に位置し、スタート状況見学。ZSC会員の竹内嬢乗艇のO&Sの参加の是非を尋ねたら、本日,NO ENTRYでした。
沖で応援できず、残念。
帰路 風2-3M程度、スピンを上げて、シーホッパーより撮影しました。
小生途中よりシホッパーに乗り換え、スピン操作と バランス等見学、後半になると、ポール位置調整等して スピン帆走もバッチリでした。
877のスピンの色合いも かわいいですね。 メンバーの皆さん、待ってるよ。遊びに来てください←イルカより

イルカに遭遇」への1件のフィードバック

  1. イルカの写真撮れず残念ですが、次回期待です。
    イルカが目の前でエビが跳ねる様な躍動感で動く姿と
    自由に海で水に輝く背を見せ、水中に魚を追う姿は優しい
    イルカのイメージではなく、生きるために獲物を追う
    動物でした。
    又会える事事、期待しています

帆走大好き会員より へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です